サイコーでした

今週末は土、日ともに山でした。
2日間とも結構いい雪で
ちょーーーー
楽しかった


唯一辛かったのは土曜日の下り、1500mより下の方、藪藪の南面がモナカだった
あ、モナカってのは、雪面の状態をあらわしていまして、その名のとおり、
表面がクラストして硬くなっていて、なかはあんこのような重い柔らかい雪になっている
私にはターンが切れなくて、いつも泣かされている


それはさておき
特に土曜日は天候もよくて景色もばっちり


とちゅうやせた尾根に雪がついてるところを歩いたときは
ちょっと怖かった


確かにそんなに落ちそうなところではないよ
だから危険じゃないかもしれないけど
落ちたら・・・

でも、この人たちと行くときはそういうの日常茶飯事で
それまであんまり怖い場面のなかった本日
やっぱりあったかーってな感じでした


いっつも、えーっ?ここいくんすか?
っていいたくなるようなとこでも、登ったり渡ったりしていっちゃうところが
ほんとに「あほ」って感じで、「そんなにすべりたいか!!」っていいたくなっちゃう
でもでも、だからこそ、この人たちと行くの好きなんです
「無理っす」っていいながらついていってるけど、あほすぎて笑えます


見えますかねー?山頂の横から藪の中を少し抜けて
その後シュプールついてます
ってちいさすぎかー


なにはともあれ
高妻山の山頂まで行けて
しかも、いい雪で、ちょーたのしかった
今も余韻に浸るほどに・・・