蜘蛛女

f:id:pen-jiro:20170817231554j:plain
今日は久々に荒木夫妻が遊びに来てくださいました。

写真はお気に入りの蜘蛛女服。

かっこいい(はず)の背中の蜘蛛の巣を見たことなかったのでとってもらいました。

gershwin / our love is here to stay

アイレン

f:id:pen-jiro:20170806132559j:plain

今年も登りに来ました。

トップロープセットしてもらって・・・。

この時点でかなり行けてない・・・。

 

核心部は昨年よりちょっとできるようになってた。不思議。Oちん開発の薄ピンチアンダーもち、からのデッド。予想通りみんなにその下のホールドではだめなのかといわれたが一応昨年20分くらい粘ってやってみたけど、成功率低すぎで却下したんです。私も大きいホールドでやりたいです。でもでもトップロープながらぽっけどりデッドが連続でとまったのです。初めてだった。

 

そしてそのあとアウトサイドで行くという、Mたすの画期的ムーブによって、上部はかなり洗練された気がする。

 

けど下部のムーブわからん。できん。あ~ぁ。がんばるしかないですな。

 

 

 

小川山 烏帽子岩本峰西面 森の天使 3P

f:id:pen-jiro:20170805144914j:plain

8月5日 小川山マルチピッチクライミングに行きました。

烏帽子岩本峰西面の 森の天使 3P

つよつよのAさんについていくつもりでしたが、森の天使 の名前通りのなんか幻想的な霧の中にたたずむって感じのきれいなな岩だったので「せっかくだから」の言葉で1Pだけトップを行きました。最初ガバだったんだが途中からだんだん難しくなってくる。何しろスタンスがわからん・・・。終了点まであと1ピンでしたが、ガバまで少々遠くて、即行テンション。2-3P目の11C、11aに至っては、フォローなのにA0しないと上がれないありさまでした。それを3回もトライしてRPしたAさん。強い。心も強い。岩苔の生えたよく凹凸のわからないルートで、でも結構悪かったとおもうな~
もう1本 ウエストカンテ 登ろうとして2P目にの1ピン目にかけたところでボツボツと雨が。すでにぱらついてはいたんだけどAさんがトレーニングになるっていうからトップお任せしていたのですが、だって結構なびっしょり具合だったんですよ・・・。

濡れてない岩を探してうろうろしたものの、なし。本日終了となりました。

Aさんの執念、つくづく自分の甘さを感じた1日だった。



(写真は雨の森の中です)

来週は11日金曜日です。

f:id:pen-jiro:20170803224258j:plain
本日は無事終了。写真とり忘れました。
私は多分、山から帰るところでしょう。

死んじゃいますよ

ライミングって気持ち抜くとか、練習怠るとか。そういうので、物理的に前に進めなかったり、怪我したり、下手すると死んじゃうんですよね。

音楽って気持ちを抜いても、練習怠っても、曲は終わりまで行くし、怪我も死にもしないけど、ある意味、クライミングよりシビアに音楽が死んじゃいますな~と、ふと思いました。

私ってば、毎週毎週、死亡~。
生き残りをかけないと。

核心

師いわく、あの人はあんな風に登れていいなぁとか、あんなに強くてすごいなぁとか、言うけれど、それはただ言ってるだけなんですよ。人のことなんですよ。

及川くんいわく、誰しもそうなんじゃないの。
そうなんだけど、それじゃやだよな。
しかも及川くんそうじゃないし。誰がなんと言おうがゴーイング我が道。

でも、自分、あてはまってる。

人は本気でそう思っているとき、すでに動き始めている。そういうことなのだ。

自分はどうしたいのか、決めるのも自分なら、やるのも自分、納得するのもしないのも自分。

音楽でも、そんなことに悩んでいたので、ほんとに核心をつかれました。