pen-jiroのブログ

願わくば人生をで楽しいことで埋め尽くしたいわたくし。わたくしの楽しいこと3つ。「美味しいコーヒーを飲みながらの会話」・「JAZZ music をプレイする、聴く」・「山で登ったり、滑ったり」。毎週木曜日夜に須坂のWESTというお店で歌わせていただいております。

セッション@ならの木

f:id:pen-jiro:20190608201644j:plain
本日は仕事をはやあがりしまして、信濃町にいったん帰って、からの、軽井沢?ならの木カフェへ。

行ったらなんか大盛況で、えーと、こんなん参加できないけど…。と思いながらも、せっかく来たので、目的を果たせねば。参加費支払ったのち、皆様のご厚意に甘えさせていだだいて、2曲ほど。

いやいや、緊張したわ~。手が震えて楽譜がめくれんかった。

緊張すんのはいいねんけど、ちゃんと歌わんとあかんやん~。修行、修行。

まー、でも、セッションは楽しい。色んな人とやんのは刺激的。

十石峠☂・・・からの佐久でクライミング

もう何年いってないのだろう・・・。

ファイブオーが登れるかも⁉と思ってトライした自分が懐かしい。

結局、終了点手前のキーホールドが指でつまむくらいしか届かなくて、RPしないまま。

次に行ったときは、もうさっぱりだった。

 

ずっと行きたいと思っていたので、提案してみた。

パートナーも脚を痛めてクラックは無理というのでちょうどよいと思って行ってみた。

 

が・・・、やっぱり霧雨。なかなか晴れてくれない十石峠の岩場。

 

で、別のエリアに移動。

 

しばらく会っていなかった方々にお会いできて、それはそれでよかったかな💛

 

これまで何回も登っている5.10代前半のルートを4本登って、

以前より楽に登れていることに気が付いて(いや、何回も登ってるからかな💦)

昼ボル(昼休みにほんの15分ほど登っている)の効果かと思った。

 

そして何の負荷もない(ことはないかもしれないが、体も頭も疲れない)、これでは何のトレーニングにもならーん・・・。で思い切って、”なほ”にトップロープセット。もう最初からリードする気がないところが、とても情けないが・・・。3ピン目くらいまではリードしたけど、そのあとは怖くてトライできず・・・。棒を使って終了点まで抜けてセット。

 

多分リードした範囲は、これまでの4本と比べて少しムーブを見つけるのが難しいくらいで強度は変わらない。はずなんだけど、グレード聞いただけで力はいっちゃう自分。

そして苦しければ苦しいほど体使えない自分。左指に力が入らないのは変わらず。

 

ヘタレクライミングながらも課題確認できたし、何より”なほ”は面白いルートで、やっぱり触ってみてよかった。楽しいクライミングでした。

 

写真とり忘れた。

jeb patton さんを聴きにBudへ

f:id:pen-jiro:20190601195932j:plain
今日はおいさんとライブを聴きに、小布施Budへ。ベース中村健吾さんとのDuo。とスペシャルゲストがボーカルの奥さま。
うつくしく響きのある音色と水が流れるように滑らかで、しずくが跳ねるように軽やかなピアノでした。ベースとも息ぴったり。
楽しい時間をすごさせていただきました。

2週間ぶり@west

f:id:pen-jiro:20190530211623j:plain
お店の事情によるライブのお休みと、私的な仕事の事情によるお休みで、2週間休んでおりました。Westのライブが2週間ないなんて、凄いことです。
(注)So_fa+は先週もライブを行いました。

本日は、バンマス及川とベース中田さんとドラムス翔さんと、私Sonoでお送りしております。

転職してもso_fa+@west

f:id:pen-jiro:20190509212233j:plain
f:id:pen-jiro:20190509213627j:plain
f:id:pen-jiro:20190509222312j:plain
ご存知のかたもいらっしゃいますが、転職しました。
でも、so_fa+は続きます。毎週木曜日のwestライブも続きます。ですんで、よろしくお願いいたします。

今日はママとあきよさんとペーターさんがゲストでしたが、お客様にいつものNさんに、ペーターさんの新しいドイツから来たお友達も加わって、まったり楽しい夜でした。

あ、来月からお店のイベントで第1木曜日はライブお休みとなります。どんなイベント?詳しくはWestのページでチェック🎵

もう春です@west

f:id:pen-jiro:20190425221529j:plain
あれよあれよという間に来週はGWじゃないですか?みなさん楽しんで~

今夜のwestはなんとなく緩やかな感じで気持ち良かったです。とりようによっては、カッコいいインプロビゼーション?ただのずれ?ゆれ?人それぞれだけど、なんだろ、グルーヴの中にいろいろなものを許容して心地よい感じに変えていく不思議な感覚、jazzのこういうところが好きなんだなと再発見しました。

まー、私の場合、ただの間違いですが(笑)