今日のguest ギタリスト

f:id:pen-jiro:20171019221308j:plain
今日のguest ギタリストさん
久々キサさん

痛めた首と腕がむっちや痺れる!何故か右手をあげると楽なので、変なポーズで歌う私

ならのきcafe session

f:id:pen-jiro:20171014202457j:plain
今日は中秋の名月ライブ という町内会イベントに参加する予定でした…が、天候不良のため中止。
それで、東御町までお出掛けしてsessionに参加して参りました。vocalってなかなか参加するのって難しい…というか、気が引ける、自分としては1つの声という楽器として仲間入りしたいけど、他の楽器の人には唄たも伴奏的イメージなのだろうと思うとつまんないだろうナーと思ってしまう。けど知らない人とplayするのはサイコーにドキドキワクワクして楽しい。ほんとにクライミングとにていると思う。
みなさん優しくうけいれてくださいますので、ある意味甘えてるんだけど、やはりいつものメンバーとは違うのでいつものいい加減でもなとかなる…ではダメで、明確に自分の世界観やメッセージを現せないとダメだなぁと感じました。
それと長い間の課題、輝きのある声、マイクにのる声、どうしたら出るんだか、さらに悩み中。

@west

f:id:pen-jiro:20171005224318j:plain
難曲は疲れる前にやってくれ~と言われましたので、前半戦でtake fiveを1音上げてやってみました…が、とっちらかっちゃたので、戻して後半戦へAmで行きます。

やっぱり連休前は客少ないですなぁ。写真はplay中忘れたので、片付け最中のオッサン3人。ベーシストは早々完了してマッタリ。
f:id:pen-jiro:20171005224257j:plain
f:id:pen-jiro:20171005224114j:plain
f:id:pen-jiro:20171005224230j:plain
f:id:pen-jiro:20171005224137j:plain

ライブっぽくwest

f:id:pen-jiro:20170928205808j:plain
今日はお店のFacebookをご覧になって、わざわざ松本からいらしてくださったというご夫妻が。なんか責任はたせなーいと思うけど、ときにはこんな緊張感も必要。

そして何度かお見かけするお客様から、いつも素敵な演奏で…と誉めていただいたうえで、何の説明もないので、メンバーだけが楽しんでいて、客の自分達は関係がないような気分。もっとジャズを知らない人にもわかるように、どういった曲でとかどんな気持ちでとか話して欲しい。自分達も楽しみを共有したい、とご意見いただきました。

んなわけで、曲の説明とかメンバー紹介とか、久しぶりにやっちゃいました。

お店のお客様はライブを聴きに来てる方だけではないので(むしろそうではない方が大半)なので、できるだけ話の邪魔にならないようにしているのだけど、しかもバンドマスター及川くんは、そういうのは要らないって人だから、うーん、悩ましい。

でも、上手いとか下手とかという言葉ではなく、私はあなたの声が好きなのよと言っていただけたので、幸せです。

例会からのWestです

f:id:pen-jiro:20170921223736j:plain

次回から、そっとお休みをやるとか~

10月14日は中秋の名月ライブ和田公園であります。

なぜか昼間ですが…

台風一過 瑞牆山末端壁

f:id:pen-jiro:20170918165405j:plain

 

 

 

台風が過ぎ去った後、近年は引き続き前線に伴う不安定な天候ということが多かった気がするけど、今日は晴れ!

 

Aさん半年のブランクから復帰6日目のHさんと、という珍しいパーティで末端壁へ。

瑞牆でも早く乾くエリアの一つ。Aさんはずいぶん前か「アストロドーム」5.11aを落としたいと言っていたのでたぶんやりに行くんだろうなぁと思ってついてった。

 

そしたらみんな考えることは同じなんだな、6人がいた。

 

さすがにあきらめて取り合えず「調和の幻想」前に移動。ありゃ、幻の滝ができている。

どこか転戦する場所はないか検討。が近くに容易に登れそうで楽しそうなところも思い当たらず。天気も良いし、出だしだけ濡れれば登れそうというAさんの提案から「調和の幻想」1P目を登って「T&T」にトップロープセットすることになった。乾き待ちして12時過ぎ登りだし。

f:id:pen-jiro:20170918111907j:plain f:id:pen-jiro:20170918123159j:plain

f:id:pen-jiro:20170918165048j:plain

以前フォローでチムニーのぼりをしたことがあるがびちゃびちゃなのでフレークを使って登る。結構必死。

(写真:左は幻の滝、右は滝が乾いた後)

 

そうこうするうちに「アストロドーム」があいた。Aさんすかさずトライ。トップロープにしてもらおうかどうか悩んだが、ブランクセクションなくいざとなればA0で抜けられそう。Aさんにおいて行かれるわけにはいかないのでリードトライ。結果・・・散々でした。下部のフィンガーセクションからガバをとるところですでに前腕パンプ。その後はもうそんなにプロテクション取ったら、もうA0同然くらいにカムを決めまくり。ワンムーブ起こすたびにテンションを入れ、なんとかかんとか回収。待たせてごめんなさい。Aさん2便目出せなくてごめんなさい。でもダメダメな今シーズンの私、一番頑張ったかも。夕陽が美しい時刻になってしまいました。f:id:pen-jiro:20170919012626j:plain

そういえば 11台のクラックをリードトライするのって初めてかも?Aさんに聞いてみよう。(自分ではわからないから)