待ち人来ず

先週末は9月1日2日と隙間修行(クラッククライミング)に行ってきました。
クラックに行こうというと基本誰も行ってくれないので、半ばだまし加減で人を誘って・・・。
お付き合いいただいた方々ほんとにありがとうございました。

関東にいるK子さんとnonさん、長野からF島さんとM岡君と私。

関東から来ると大変なので日帰りはやめて欲しいといわれて泊り。

1日目は湯川。5.8とか5.9を登る。デゲンナーをTRしたあと、北風小僧、台湾坊主(TR)にトライ。
はじめはおっかなびっくりだったけど、意外と登れた。
ただクラック登るような体の使い方して無いので途中で疲れるッたらありゃしない。
ルート中に休憩を挟んで登る始末でした。ビレーヤーさんごめんなさい。
フィンガーはやっぱ、ちょっと怖い。
指に触る岩のエッジの感覚が海金剛で落ちたときのジャムの感じを思い出して、
なかなかガッツリ体重をかける気になれない。それも慣れていってなおればいいんだけど・・・。
回収忘れのため、台湾坊主を途中まで再登するハプニングあり。すみませ〜ん。


  

M岡君とお別れして、瑞牆山植樹祭広場へ移動。今日の幕営地。
瑞牆の岩場は一番大好きな岩場。私にとっては、この世のものと思えない美しい場所なのですが・・・。大げさ?
怪我をしてでも何とか登りたい理由の多くがここにある。
私みたいな弱弱クライマーが、そんなでかいこといって良いのかわかりませんが、登りたいルートが沢山あるのです。

ハウスオフで10年以上前に購入したテントを持参。同行のnonさんの用意してくださったチョーおいしいなべをいただいて、
飲んだくれて眠りました。

  

夜中テントをたたく雨の音・・・。あーあ。
めったに起きない私も残念すぎて目覚めてしまった(ToT)/~~~
瑞牆の神様は今日もいい顔してくれないようです。(これまで何回も晴れ待ちをしているので・・・)
でなおしてこいってことかしら・・・。

  

習いたての”ねこしはん”の体操をみんなに宣伝したりして、昼前までグダグダして、小川山に移動。
マルチピッチクライミングをやりたい!というメンバーだったので、がまルートへ。
いつものとおり、私はおばえてないけど、登ったことあるらしい。
これも3P目で雨。濡れたスラブは勘弁して欲しいのでボルダーへ。

    

前回、スタートからいきなり足ブラで「むりっ」と思ったsubwayへ移動。
ヒールのかけかえ2回で前半のマッチがナントカできた。現在の課題はヒールフックした足を壁に戻すこと。なんか可能性あるかも〜なーんて、みんなは2手で取るところなんですけど。しかも核心は後半らしい・・・。でも前回よりずっといい!


なんだかんだ夕方まで楽しんで帰ってきました。
ご一緒した皆様、何とかもってくれた(いや降ったけどさ)天気、登らせてくれたいわいわ様。ありがとうございました。