2011夏〜前半戦

今年は週末の雨が多くて思うように山にいけない


動かないので体重も落ちない
体が動かない
悪循環


GWの北海道山スキーツアーまでに3kg減を宣言したものの・・・
全く減らず
今じゃ体重計る気もせず・・・
仕事が忙しいことを言い訳に5時半から8時半くらいまでお菓子を食べ続け、おまけに夕食終われば10時だわ、そんな生活を冬中やっていたので・・・まぁ当然といえば当然の報い・・・


それでも晴れ間を縫って
穂高東壁と黒部丸山東壁に行って来た。
去年は2年越しの目標、甲斐駒ケ岳の赤蜘蛛をやったので、
今年はさらに渋めで、黒部を狙ってみた。


全然山に入ってないので、トレーニングのつもりで今年はじめての山を、前穂東壁に選んだ。BCとなる奥又白の池はとても美しいところで、以前に通ったとき、ここでテントを張ったらサイコーだろうなと思っていたのである。そしてお盆でもすいていそうな壁という理由で決めた。


穂高には沢山登れるルートがありますがそのうち一番奥のルートで、沢を詰めて壁を登り、頂上に出るというものです。
まぁ相当こわかったっす。私も少しなめてたけど、パートナーのかねちんさんはもっとなめてたようで、クラシックルートの厳しさが身にしみました。とりあえず無事下山。下りはまたまたダッシュでした。


そんなわけで、シーズン始まったばかりな気分のまま、黒部へと行きました。こっちはもっと厳しかったぁ。
中央壁にある緑ルート。
10pのうち7pまでで時間切れ敗退してきました。力不足というよりは身の程知らずという気分です。体力、経験、技術ともに足りないなぁ。


ただ、黒部の巨人にじかに触れて、さわらせてもらって、なんというか・・・
高揚感を味わってきました。クラッシックルートはいまどきの流行じゃないかもしんないけどすばらしかったです。


今回の敗因の分析ということでメンバー各々各ピッチの所要時間を出していただきました。結果、私がすんごい遅いという事実がわかりまして・・・
迷惑なのでもうやめようかなーとも考えたんだけど・・・
それよりも改善策を考えないと思い直したところです。
以前、Nさんに勧められて作った針金の棒。次のピン(プロテクション)に手が届かないときにつかうものなんですが、これ、もってればもう少し早かったかなーなんて、またまた甘い考えを抱いています。


さて今夏シーズンの後半に向けて、がんばろーっと。
そのためにも明日晴れてくんないかなー。


前穂東壁

山東

詳細はパートナーさんのBLOGにあったりする。