降臨


もうずいぶんたってしまったけど、
3月20日にジョー・サンプル トリオをオーチャードホールに聞きに行った。


ピアノがジョーサンプルで、ドラムがスティーブガット、ベースは・・・忘れた。
ボーカルがランディークロフォードという、豪華な顔ぶれ。


元々はジョーサンプル好きのおいさんに、プレゼントしようと思ってとったチケットだった。
まー、すごい安い席だったんだけどね。


演奏自体はそんなに「すごぉぉいいいっ!!」とは思えなかったんだけど、
誤解のないようにいっておきますが、もちろん素晴らしいです。
「すごい、かっこよかった」
でも無茶苦茶、期待して行ったので、惚れはしなかったです。


ランディークロフォードさんは私はノーマークでした。有名な人なんだくらい。
考えたら世界的に有名なシンガーを生で聞いたのは初めてだったのかも。


まーかっぷくのいいおばさんで、多分、立って自分の足を見るのは不可能かなーという・・・。
盆踊りのような踊りを踊りながらステージ中をうろうろ・・・。
ダイジョウブ???


だけどその歌声は神の声でした。
どこから聞こえてくるのか、わからないけれど、すぐ側で包み込んでくれるような・・・。


オーケストラなんか聞きに行くと会場の空気の流れがかわって、音楽に包まれている気持ちになることよくあった。
けど、たった一人の人間が歌っているだけで、


そぉいう歌を歌う人はたくさんいる、それはわかっている。


でも衝撃的だった。
音楽は天からふってくるものだった。

つづきはあとで