読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土岐 six@Mr.Kelly's

恒例のライブで母と年越し。
今年も紅介さんのハグで新年を迎える。
f:id:pen-jiro:20170101010633j:plain
今年もよい年になりますように。

台湾 龍洞 クライミング

ほんとはもっと書きたいけど、
今年起こった出来事のほとんどが、妄想blogに綴られていることを考えると…

とりあえず書いとくか。

12月14日早朝に出国、雨の基隆、九份と2日間の観光の後、待望、龍洞クライミング 3日間。ゆるゆるだけど、QXおすすめルートを自分なりに頑張ってトライ。最終日、19日は故宮博物院からの大侖市場での最後の食事。お兄さんの干し豆腐のパントマイムな説明が面白かったです。20日早朝帰国。

何より、素敵な女子3人との旅はいつになく楽しいものでした。やっぱり、非日常×非日常の海外クライミングは、いつも生き方そのものを考えさせられる。
f:id:pen-jiro:20161220212533j:plain
f:id:pen-jiro:20161220212602j:plain
f:id:pen-jiro:20161220212648j:plain

リタライス

「リタライス」

なんとなく名前は聞いたことあって、大御所だってことも、なんとなく知っていた。

おいさんから、バカラックをうたっている、ルーマーと同時にCDを渡されて聴いた。

すごい技が披露されるわけでもなく、ただ淡々と丁寧に歌う。

ヨーロピアンファーストレディ オブ ジャズと呼ばれた彼女だけど

彼女がハスキーな声の持ち主で、時々ちょっと粋な歌いまわしをするので、

ジャズシンガーなのだと認識するけれど

そのpureな歌い方は、まるで唱歌をうたうお姉さんのようだと思った。

 
 
そして、その淡々とうたう中に、音楽への、曲への、慈しみのようなものを感じる。
 
派手なパフォーマンスも何もいらない。ただただ、音と曲への愛と作曲者への尊敬の念があれば、それでいいんだと思った。そのままでいいんだよと言っている気がした。
 
ま、私はそのままでいいわけないんですけどね(笑)←笑えない
ちゃんと、音楽への敬意を表したいなら、愛をこめましょう、練習しましょう・・・と今日も自分に言うのでした。

 

フィロソフィー

f:id:pen-jiro:20161129130712j:plain
今年はボルダーやります。といっておきながら、やはりなかなかでしたが、9月のみんなで行ったボルダーで皆様に盛り上げて頂いて気を良くしたわたくし…調子に乗ったとも言う…Aさん家についてって、ボルダー。

土日に出勤して仕事した甲斐あって、チョー晴天。意外と寒くもなく、冬のボルダー快適じゃんと、ますます、調子に乗ったのでした。
f:id:pen-jiro:20161129125954j:plain

3手の次からmoveワカラーン。とりあえずyoutubeでのカンニングなしで頑張ってます。今日は小川山哲学岩でした。